少し前に一世を風靡した、老後2000万円問題が今ではすっかり報道されなくなりました。

しかし、報道されなくなったからといって、
この問題が無くなった訳でもなければ、解決された訳でもありません。
政府が必死に否定して、火消しに動き、それとともに報道されなくなってしまいましたが、
当然ながら、現在進行形の問題ですし、今の現役世代の人達にしてみれば、年齢が若くなる程
負担は重く、受給は少なく、という感じで、
どんどん悪循環に陥る危険性が十分にあります

色々なメディアで取り上げられなくなると、
その問題自体が無くなったと、錯覚しがちですが、何らかの方法で金融資産を築いていない人にとっては、非常に厳しい老後が待っていることになるでしょう。

先の報道を、数十年先の事だからといって、
何気なく見聞きしているだけか、危機感を覚えて何かを始めるかでは、大きく差が出ることでしょう。
なぜなら、結果が出るのは数十年先のことになりますから…


がんばれ中小企業戦士!

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村