2019年09月

    「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉があります。
    例えの詳細までは忘れてしまいましたが、以外なところまでもが恩恵を受ける。という、意味だったと思います。

    株式市場への影響も同じことが言え、思惑買いなんてことも言われます。
    例えば、日本でデング熱が流行仕掛けたことがありましたが、その時なんかは、直接的にはワクチンなどの薬を販売している製薬会社の株が買われるのですが、間接的に殺虫剤を販売している会社の株が買われたりしました。
    また、不謹慎ですが、大きな天災が起こった時などは、日本の経済が深刻なダメージを受けるはずなのに、復興需要を見越して建設株が買われ、急騰したりします。

    株式投資をする上で、もし、◯◯ならば、◯◯になるだろう。のように想像を働かせることは非常に重要かもしれません。
    連想ゲームが得意な人は、株式投資に向いているかもしれませんね。


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    最初に断っておきますが、これは、あくまで、
    私個人の感想であることをご了承下さい。

    株式関連のニュースを見ておりますと、
    よく目にするのが、こんな記事です。

    ○○証券が、銘柄Aを買い推奨
    目標株価○○円
    または、
    ○○証券が、銘柄Bを売り推奨
    目標株価○○円

    いろいろな証券会社がことあるごとに
    上記のような発表をしております。
    このような内容が発表されると、一時的には、
    発表どおりに動くのですが、私個人の
    感覚ですと、発表後、しばらくすると逆行
    していくように感じます。
    私はこの感覚を覚えるようになってからは、
    この情報は見なくなりました。
    惑わされるだけですので…

    そもそも、発表される情報が価値のある有意義な
    情報であるならば、発表する側は無料である
    必要性は無く、有料にしても、その情報を
    購入してくれる人は購入するでしょう。
    情報量が少ない個人の投資家さんは、
    このような情報を参考にしてしまうのでしょう。

    しかしながら、よく考えてみましょう。
    というか、裏を見てみましょう。
    この無料情報に飛びついた個人投資家を
    狙っている者がいる。
    この情報により一時的に高騰した瞬間を狙って
    売り抜ける何者かがいる。
    無料情報が本当は誰の為の発表なのか?
    「タダほど高いものは無い」なんていう、
    例えもありますが、正にそのとおりと、
    感じてしまいます。

    機会があったら、発表された情報を
    追跡してみて下さい。


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村









    米国でFOMCが開催されます。
    評論家の間では、9月の利下げは、ほぼ確実視
    されておりますが、どうなるでしょうか?
    8月末から9月初旬までの段階では、
    米中の貿易争いや、米国の8月の利下げに
    追随した世界各国の利下げにより、
    世界的に不景気感が漂いましたが、
    米国の指標は意外にも底堅い発表があり、
    9月に本当に利下げするのか?
    一抹の不安があります。

    9月の利下げが確実視されている中、
    仮に利下げがされなかった場合、株式市場は
    大暴落するでしょう。
    しかし、株式市場が暴落する場合は、
    大体が楽観視されている時に起こりますので、
    最近、連騰相場であったことが若干心配です。

    波乱なく無事に通過してくれることを願います。


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    iシェアーズ優先株式&インカム証券ETFから
    配当金が入金されました。
    金額は¥1,358で、外国源泉徴収税を引かれ、
    税抜き¥1,228でした。
    NISA保有の為、国内の税金徴収は無しです。

    iシェアーズ優先株式&インカム証券ETFは、
    ここのところ、少し軟調な展開になっており、
    買い増しを検討したいところではありますが、
    世界的な利下げ合戦を始めとする、
    リセッション入り懸念がところどころで
    持ち上げられておりますので、購入するべきか
    迷うところです。
    長期保有であれば、それほど気にすることは
    無いという意見もありそうですが…
    高配当の為、魅力的なんです。


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    先週までの日経平均は8連騰を記録しました。
    背景には、米中貿易戦争の落ち着きにあることは明らかです。
    それによる米国株式市場の上昇、為替の円安化により、日本の株式市場も好調です。
    このまま、2018年10月に記録した¥25,000弱の株価を更新出来るでしょうか?
    または、失速してしまうでしょうか?
    いずれにせよ、一旦は利益確定売りがありそうな気がします。

     逆イールド現象が発生後、株式市場の下落が意識し始められる中、最後の上昇となるのか?
    それとも、高値を更新し、新たな上昇相場が
    意識されるのか?
    はたまた、一時的な上昇だけで、ガラガラと崩れ落ち始めるのか?

    投資家の人達にとっては、ここ1〜2年は、目の離せない局面となりそうです。


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ