少し前の話になりますが、テレビ東京の
モーサテのコーナーで米国企業の
株主第一主義からの変換について、
紹介されていました。

これまで米国企業と言えば、不景気の際も
増配したり、自社株買いしたりと、
その企業の株を保有している株主の利益と
なることを実施してきてくれました。

しかし、公表された内容によると、今後は、
顧客満足度や従業員の満足度の方を優先させる
との内容でした。

正直、ガーン…って感じですね。
昨年ごろから遅ればせながら、米国株に
注目し始め、下落局面があれば買っていきたいと、
考えていたところに、この発表です…

米国株と言えば、高配当銘柄が沢山ありました
ので、今後の配当性向の状況に注力しておく
必要がありますし、高配当に支えられた株高が
どうなるのか?も、注意しておく必要が
ありますね。


がんばれ中小企業戦士!

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村