何気なく毎日を過ごしていると、知らぬ間に
財布の中のお金が無くなっていた。
そんな事がありませんか?

サラリーマンであれば、毎月、決まった日付に
給料が振り込まれます。
給与収入は明細を見れば一目瞭然ですので、
把握することに問題ありません。

問題は支出です。
なんとなく、缶ジュースや缶コーヒーを
買っていたり、コンビニで弁当やスナック菓子
などを買っていると知らぬ間に財布のお札が
減っていることに気付きます。
数百円~1000円程度であれば、それ程大きな
支出では無い為、気にしない人が多いの
ですが、塵も積もれば何とやらで、
1ヶ月で累計すると、数万円になっている
なんてことも珍しく無いと思います。
そういう意味では、家計簿というのは、
非常に優れたツールなんですね。
必ずしも1円単位の細かい支出を把握する
必要は無いと思いますが、何にどれぐらい
消費をしているのか?を把握する意味では
決して無意味ではありません。

投資に対しても同様に、どんな投資商品に
どれぐらいの金額を投資して、どれぐらいの
配当、分配を得られているのか?
年単位、月単位で記録して収益率が可視化
出来るようにしておくと、有意義な投資か、
有意義でない投資かが判断出来る材料に
なると思います。


がんばれ中小企業戦士!

応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村