私はゲームの業界については、あまり詳しくありませんが、今のゲーム業界はスマホ向けゲームの方が市場が大きいのではないでしょうか?

私が子供の頃は、ゲームと言えばテレビゲームで、買切りのソフトだけでした。
しかし、今のゲームはオンラインが主流で、ゲームを始める為の障壁を低くする為にゲーム自体は無料で遊べるものが多く見られます。
そして、ゲームを有利にプレイする為にアイテム課金などの仕組みがある訳ですが、この課金の仕組みには要注意です。

まず、スマホからの課金の場合、ほとんどが端末内で決済されるようになっている為、お金を支払っている感覚が薄れる傾向にあります。
さらに、スマホゲームの場合には、ゲームクリアという概念があまり無く、運営側は、新しいアイテムやキャラクターといった感じで、手を変え品を変え、消費者に課金をさせるように仕向ける訳です。
そして、ゲーム発信から数年程度で、ユーザー減少の為、サービス終了…
こんな感じのサイクルがほとんどのゲームに当てはまるかと思います。

私自身も過去に、とあるスマホゲームに夢中になり、月に数千円程を毎月課金していたこともありましたが、結局、そのゲームも一年程で飽きてしまい、やらなくなってしまいました。
スマホゲームの課金者のほとんどの末路が、私のように飽きたり、サービスが終了したりして
課金したお金を無駄にするのです。

スマホゲームの場合、少額でも、毎月課金をしてしまっている場合、何年も経てば数万円、数十万円という金額になりかねません。

私自身の経験を教訓に、安易にスマホゲームへの課金をしてしまう前に、よくよく検討されることをお勧めします。
何故なら、万単位のお金を使ってしまうのは、一瞬ですが、万単位のお金を得るには、それなりの労力を要しますから。


がんばれ中小企業戦士!