少し前のことになりますが、私が保有していた
ユニゾHDがTOBのターゲットになったことから株価が急騰し、TOBを仕掛けた側の買付け株価が3100円でしたので、私自身が保有していた株も3100円付近まで急騰したのを見て、売却してしまいました。

売却益は、100株保有で、10万円程と、かなり良い取引きとなりましたが、その後、ホワイトナイト的な立場のファンドが買付け株価4000円でTOBをすると発表したことから、TOBの掛け合い合戦のようになり、株価は3100円を大きく超えて、4500円程まで更なる急騰をすることになりました。

私自身は、株価が3100円ぐらいの売却してしまった為、4500円程までの急騰劇を傍観しているだけになってしまい、売却するのが早すぎたと後悔しましたが、今更に再参入しようもなら、高値掴みになってしまう可能性が極めて高いために、もう参入は出来ません。

売却のタイミングがちょっと違っただけで、こんなにも損益に差が出ますと、改めて売り時の難しさを痛感した次第です。


がんばれ中小企業戦士!