株やFXをやっていると、6勝4敗で利益が出せるとか、勝ち負けの勝率の話をたまに耳にします。
しかし、格言でもありますとうり損小利大を実行できているならば、必ずしも勝ち越さなければならないということはありません。
極端な話、1勝9敗でも利益を上げることが出来ます。

スポーツなどの場合、単純に相手に勝った、負けたで優劣が付いてしまいますが、
投資や投機の場合、単純に勝った、負けたで、
真の勝敗が決まる訳ではありません。
なぜなら、勝った額、負けた額が関係してくるからです。
負けが多くても、1回あたりの負け額が少額であれば、1回の勝ち額で損失を上回れることもあるからです。
当然のことながら、逆も然りです。

このように、勝率にこだわっていると、痛い目を見るかもしれません。
よく言う、コツコツ↑、ドカン↓  ってやつですね。
勝率を気にして投資、投機をしている方は、考え方を改めた方が賢明です。


がんばれ中小企業戦士!