さて、前回の続きです。

    前回はFXから足を洗ったところまでをお話ししました。
    続きは補足からとなりますが、なぜきっぱりとFXを
    辞めたかと言いますと、大きな建玉で大きな損失を抱えたまま
    ロスカットの恐怖に怯えながら日常を過ごしていると、
    為替市場は24時間動いておりますので、夜寝る時間帯になっても
    為替の値動きが気になってしまい、
    ついついスマホを覗いてしまうという行動をして、
    四六時中、為替の値動きを気にしているのが嫌になったこと、
    そして、もう一つは、2年半で徐々に積み上げてきた利益を
    わずか3ヶ月程でほとんど吐き出してしまったことで、
    馬鹿馬鹿しく思えてしまったことが要因です。

    上記の要因に対しては、もっとしっかりリスクを認識し、
    管理を出来ていたら、状況は違っていたかもしれませんけどね…
    ま~、これも「たられば」です。

    そして、ちょうどFXで大きな損失を出してしまっていた頃、
    ソーシャルレンディングという物に出会います。
    あまり、覚えておりませんが、何か他の投資対象を、
    自身で探していた結果だったかもしれません。

    その後、ソーシャルレンディングへの投資を徐々に増やしていくのですが、
    ここでもひと悶着ありますので、続きはまた次回にしたいと思います。

    ちなみにこの頃から徐々に株式への投資も復活してきておりますので…

    それでは

    前回の投稿で、自信の投資との出会いについて投稿しました

    今回は、投資との出会いから今に至るまでの紆余曲折を
    お話ししたいと思います。

    投資を始めた当初は、1年で資産を倍にしたいなど、
    今考えたら、アホだな~と思ってしまうような考えを
    持っておりましたので、怪しい情報サイトで紹介されているような
    銘柄を購入し、買ったら急落してしまうなどの憂き目にあい、
    資産を増やすどこらかすり減らしてばかりでした。
    (たまに暴騰する銘柄に当たることもありましたが…)
    また、リーマンショックの後ということもあって、
    日本の株価は超低迷期でもあり、マイナスばかりでした。
    当時は少額でしか運用をしていなかった為、
    被害は少額で済んでいましたが・・・

    その後、上記のような考えを持ったまま、FXという投資?
    …今思えば投機になりますが…
    があることを知り、FXを始めます。
    FXでもビギナーズラックのおかげで、最初は利益を上げられました。
    しかしながら、知識の無さ、経験の乏しさに準じて、
    ここでも徐々に資産を減らしてしまいます。
    その時、同じFXでも高金利の資源国通貨を保有し、
    日本との金利差を利用したスワップ投資というものを知り、
    資源国通貨での運用へシフトします。
    当初はスワップポイントを享受しながら、
    利益が出ている建玉を利益確定するというやり方で
    そこそこ順調にいっていました。
    しかしながら、当時の私は、愚かにも相変わらず
    早く資産を増やしたいという思いが強く、
    証拠金ほぼいっぱいの建玉保有をするという暴挙に出て、
    強制ロスカットを受けてしまうという最悪の事態を経験します。

    しかしながらその後、証拠金に余裕を持たせながら
    徐々に運用額を増やしていき、
    2年半ほどは順調に資産を増やせておりました。
    この期間は、資金効率が良くないと思い、
    株式投資は完全にストップしておりました。
    順調に推移していた為、徐々に建玉を増やしていき、
    月単位でもそこそこの額の収益をあげられていました。

    …が…またしても調子に乗ってしまい、建玉を多く保有し
    相場の急変化の際に含み損を大量に抱えてしまいます。
    急変化に耐えられなくなり、強制ロスカットを受ける前に
    なくなく自身で損失を確定させました。
    当たり前の話ですが、建玉を多く保有すればするほど、
    含み益の場合は倍々で増え、含み損の場合も倍々で膨らみます。
    結果、口座内の資金を全て失うことは避けられたものの、
    それまでの2年半ほどで築き上げた収益のほとんどを
    失ってしまうことになりました。
    その間、わずか2~3ヶ月の間です。
    これを機にFXから足を洗うことになります。

    ここまでで、約半分ぐらいです。
    長くなりますので続きはまた次回に


    私が投資と出会ったのは10年ほど前です。

    当時、叔父が株式投資をしており、
    年間数十万円程、儲かっていると家族からたまに聞いておりました。

    その話を聞いて、なぜ始めようと思ったのかは覚えておりませんが、
    ネット証券なら簡単に始められることを叔父から聞いて、
    取引口座を開いたことを覚えております。
    遅ればせながら、タイミングよく我が家にパソコンが
    導入されたのも良いきっかけだったのかもしれません。

    口座開設当初は、社会人数年目だったこともあり、
    また、年齢的にまだまだ遊びたい時期でもあり、
    それほどまとまった余裕資金を持っている訳ではありませんでしたが、
    某自動車部品会社の株を100株購入してみたことを覚えております。
    (銘柄選別なんてものは全くしておらず、完全に適当チョイスでした)

    結果論になりますが、1週間ほどで2万円ほどの利益が出たところで利益確定しました。
    もちろん売却のタイミングも適当です…

    このようにビギナーズラックがあったおかげで
    資産運用に出会うことが出来た訳です。

    ちなみに20歳そこそこで、パチンコに連れていかされた際には、
    ビギナーズラックが起こらず、5000円程がほんの10~20分ぐらいで
    消えていったという鮮明な記憶が残っており、
    今でもパチンコ・スロットの類には行く気にはなれません…

    話を元に戻しますが、私が20歳前後の若い人に
    お金に関してアドバイスをするのであれば、
    少額でも良いので、出来るだけ早い段階から資産運用始めることを
    お勧めしたいですね~
    10年違うと、数十年先に相当な差が付くと思います。

    がんばれ中小企業戦士!


    このページのトップヘ