エンジェル投資家という言葉をご存じですか?
    会社を起業する際、または、起業後間もない頃に
    その会社の将来を有望視して資金を提供する
    投資家の方々です。

    無論、起業して間もない会社であるため、
    配当などは無く、会社自体もまだまだ赤字の
    垂れ流し状態の経営になっている会社さえあります。

    そんな会社に投資する方々は何を見ているかと言えば、
    なんと言っても、将来の有望性です。
    仮に投資した会社が、10年後に株式市場に
    上場したとすると、その時に株を売却すれば、
    多額の利益を得られる。 
    もしくは、株を持ち続けて値上がり益や
    配当金を享受できることが考えられます。

    私自身も少額ですが、昨年からあるサイトを通じて
    未公開株へ投資をしており、5社ぐらいに
    投資させて頂いております。
    投資する際に会社のIPOまでの計画を
    確認しますと、5年後、10年というふうに
    なっておりますので、普段は気にしていません。

    但し、気を付けるべきことは、こういった会社は、
    倒産してしまう危険性もあり得る為、
    多額の資金を投入することはしないように
    しなければなりません。

    もしもの場合、「無くなってしまっても良い」
    という容認が出来る金額に留め、
    事業計画に共感出来る、面白そうだ、など、
    純粋に応援したいという気持ちで
    投資をするべきでしょう。

    機会があったら投資している会社を
    紹介してみたいです。


    がんばれ中小企業戦士!

    先日、maneo(ソーシャルレンディング)から、
    支払が延滞していた案件の返済がありました。

    金額は、元本も含め¥110,765でした。

    どれぐらいの期間延滞していたかは分かりません、
    というか、調べたくもない…ですが、
    とにかく返済されたことには、ほっとしています。

    しかしながら、maneo、他の業者も含め、
    支払が滞っている案件がまだ何件かあり、
    合計額は80万円ぐらいあります。

    無事に返ってくることを願い、
    座して待つしかありませんね…

    ソーシャルレンディングがもてはやされていたころ、
    ソーシャルレンディングでの運用のみで、
    多額の資金を投じていた方のブログを
    拝見したことがありますが、各社で延滞案件が
    散見される近頃はどうなっているのかな?
    久しぶりに見てみるか…
    分散投資って大事ですね


    がんばれ中小企業戦士!

    昨日、こんな記事がネットニュースに
    掲載されていました。

    以下は抜粋です。
    人生100年時代に向け、長い老後を暮らせる蓄えにあたる
    「資産寿命」をどう延ばすか。
    この問題について、金融庁が22日、初の指針案をまとめた。
    働き盛りの現役期、定年退職前後、高齢期の三つの時期ごとに、
    資産寿命の延ばし方の心構えを指摘。
    政府が年金など公助の限界を認め、
    国民の「自助」を呼びかける内容になっている。


    はい、ついに現実味を帯びてきました…
    年金制度の終了へのカウントダウン…
    もともと、今の日本の人口比率では現役世代が
    老後世代を支えていくことは難しくなっていると、
    囁かれてきましたが、ついに政府が認めてしまった
    ことになります。

    これは、年金の払い込みが益々減りそうです。
    崩壊まっしぐらですね。

    数年前から、NISA、IDECOなどの資産運用に
    関しての税制優遇策が導入され始めた訳ですが、
    こうゆう政策が導入され始めた時点で、
    なんとなく年金制度は行き詰っているのは
    想像できました。
    「自分の老後資金は自分で蓄えろよ!」
    結論はこれですよね。

    私の想像ですが、年金制度が終了したら、
    月々5万円ぐらいのベーシックインカムで、
    残りは自分たちで築いた資産で生活して下さい。
    …こんなところでしょうかね…

    私は今の年金制度であれば、崩壊してしまっても
    致し方ないと思ってしまうような状態ですが、
    しかし、それをやるならば、
    代わりに小学生などの子供時代から、
    お金に関する教育制度を取り入れ、
    金融リテラシーのベースを築くべきだと思いますね。

    一番損をしてしまう世代はどの世代になるのやら…


    がんばれ中小企業戦士!

    このページのトップヘ