みずほフィナンシャルグループから
    配当金の入金がありました。
     500株の保有で金額は¥1,875円でした。
    1株、3.75円の配当です。
     さて、みずほフィナンシャルグループを
    含め、メガバンクは高配当ということもあり、
    私は三菱UFJも保有しております。

     しかしながら、日銀の金融緩和策の影響で
    金融機関株は全体的にパッとしません。
     メガバンクは大規模な人員削減や店舗の
    閉鎖策などを打ち出しており、収益構造を
    改善出来るかどうかが注目されます。
     メガバンクは企業規模が大きいですが、
    資金力がありますので、大胆な経営策も
    打ち出せますが、地方銀行なんかは、
    どうしていくんですかね?

     地銀は、地銀どうしでもっと合併して、
    関東圏、中部圏、近畿圏など、各地域に
    盤石な地盤を持ち、地域に特化した
    金融機関でも面白いと思いますけどね…
     実際には、いろいろと「しがらみ」があり、
    そう簡単にはいかないでしょうね…


    がんばれ中小企業戦士!



     オリックスから配当金の入金がありました。
    100株保有で、金額は¥4,600円でした。
    税金引かれて、¥3,666円です。

     オリックスは配当率も高くて、3月期のみの
    優待となりますが、ふるさと優待というのが
    あり、非常に魅力的です。
     他には、運営している施設の割引優待が
    ありますが、残念ながら私は居住地区が
    あてはまらない為、ほとんど使用できる機会が
    ありません。
     懸念点は株価の騰落の大きさでしょうか。。。
    リーマンショック前の株価と後の株価では、
    株価が10分の1ほどになってしまっております。
     但し、チャートを見ると、リーマンショック前の
    株価が異常に高かったという見方もありますが…

     私は、以前もオリックスを保有していたことが
    ありますが、ふるさと優待で貰える物は、
    良いものが多いという印象がありますので、
    機会があれば紹介したいと思います。


    がんばれ中小企業戦士!

      6月に入り、暑さも本格化して来ますが、
    皆様、体調には十分お気を付け下さい。

      さて、6月といえば、配当金が最も貰える月でもあります。
      日本の企業は、3月決算の企業が非常に多く、
    3月決算の企業からの配当金が入金されるのが、ほとんど6月だからです。
      一部の企業は、5月に入金されるところもあるでしょう。

      私が保有している銘柄も3月決算が多い為、
    配当金や株主優待を楽しみにして待ちたいと思います。
      話はそれますが、アメリカ株の配当金は、四半期ごとが多いようです。 
      私のように、定期的に配当収益を欲しがる人達には、アメリカ株の方が都合が良さそうに感じますね。
      日本の企業も四半期ごとの配当にならないかなぁ…


    がんばれ中小企業戦士!

    このページのトップヘ