昨日、8%→10%への増税について書きました。
    その中で消費者の負担が大きくなりますと、
    書きましたが、私自身は増税には賛成です。

    もちろん私自身も消費者の一人ですので、
    10月からは、自身の消費に対して、
    2%の負担UPになります。

    しかし、日本国の借金が膨らみ続けている
    状態や、社会保障費の増加に対しては、
    仕方ないのかと思っています。
    もちろん、
    ・増税の前に削減する物があるだろう。
    ・国は対外資産を相当額保有している為、
     それらを売却すれば、借金が棒引きに出来る。
    ・国の借金をその国の中で消化しているのだから、
     問題ではないという理論がある。
     (各種条件付きだったと記憶しています)
    などの指摘があることは理解していますが、
    私が最も心配していることが、日本円の対外に
    対しての価値です。
    借金まみれの日本に対し、日本円の価値が
    極端に下がってしまうことが心配です。
    1ドルが100円だったのが、1ドルが1万円
    なんてことになってしまうことが怖いです。

    日本は輸出産業国家だから円安になればなるほど、
    儲かるなんて思っている、そこのあなた…
    とんでもない勘違いをしていますよ!
    日本での生産活動に必要なエネルギー、原材料の
    ほとんどが輸入に頼っています。
    円安=外国からの購入品は高くなる。
    ですから、なにか1個、物を生産するにも、
    莫大なコストが掛かってしまうことになります。

    税金の負担増は、誰もが嫌なことは理解できますが、
    自分の数十年後にも関係してくることを
    考えるべきだと思います。


    がんばれ中小企業戦士!

    いよいよ消費税10%が近づいて来ましたね。
    この時期に増税延期、撤回の発表が無いし、
    軽減税率対応のレジについての補助金のCMも
    放映されておりますので、今回はこのまま増税となりそうですね。

    増税による決済金に影響が出る為、
    世間の会社、ショップは税額計算に対応しなければならず、気掛かりだったでしょうし、
    消費者の方々は、負担が大きくなるため、
    気が重いことでしょう。

    しかし…このタイミングですか…
    景気後退局面に入っているかもしれないと、
    話題が出ている中でですか…
    「タイミング悪すぎだろー」 って、
    思っちゃいますね。
    たらればの話になってしまいますが、
    この時期に増税するのであれば、数年前の景気指標が好調の時期に上げておくべきだったと
    思いますけどね…今更ですよ。

    しかし、今回の増税については、私も会社員として取引先の担当者さんと、増税の話題について話をすることがありますが、駆け込み需要のような物が少ないそうです。
    早い段階から、増税後の刺激策が発表されていたこともあるのでしょうが、過去に延期された増税期に、消費者は駆け込み購入をしていた可能性もありますね。

    もしも、政府がそこまで計算して、増税の発表や、延期を繰り返し、増税後の需要急落を緩和させる為にしていたことだとしたら、
    かなりの策士ですねー。
    いずれにせよ、消費者には厳しい現実です。


    がんばれ中小企業戦士!

    資産運用の基本は複利運用と
    認識してしておりますが、面白いページを
    見つけましたので紹介したいと思います。

     金融庁のこのページです。
    私自身、金融庁のページなんて見る機会は
    ほとんど無いのですが、近頃話題の
    定年後2000万円不足問題を受けて、
    2000万円を蓄えるにはどれぐらいの額を、
    どの程度の利回りで、どのくらいの期間を
    運用すれば良いのかを確認するために、
    複利運用で検索していましたらヒットしました。

     このページの良いところは、グラフでも
    確認出来るのが分かりやすいところと、
    目標額からの逆算方式や、目標額に到達するには
    何年かかるのかも確認出来るため良いと思います。

     但し、税金計算が考慮されていない計算式に
    なっているため利回り計算は実質利回りの%で
    確認する必要があるのと、運用期間の最長が
    30年までの設定となっているのが不満点ですね。

     ご参考までにですが、2000万円を蓄えることを
    想定して、実質利回り4%を想定し、30年間の
    運用をすると想定した際の、毎月の積立金額は、
    ¥28,816でした。
     利回り4%にしたのは、表面利回りが5%で
    あれば、十分実現可能な数字と私なりに解釈を
    した為です。
     どうですか、3万円弱であえば、今の生活から、
    少し何かを我慢する、または節約を心がければ、
    捻出出来る金額だと思いますよ。


    がんばれ中小企業戦士!

    このページのトップヘ