先週のアメリカの経済指標は、全体的に軟調であった感じです。

    米中の貿易戦争に端を発し、あれよ、あれよという間に中国を始めとし、経済的繋がりが大きかったドイツ、オーストラリア、韓国などの国が釣られて打撃を受け、今や、アメリカ以外の地域は総じてダメモード(日本は中間?)に突入してしまっている訳で、唯一、アメリカだけが経済情勢の好調を維持していた訳ですが、遂に景気後退局面入りが意識されるような指標の数値になり始めてしまいました。

    全ての指標が悪かった訳ではありませんので、確定した訳ではありませんが、後は、時期の問題でしょうか…

    投資家にとっては、秋から冬への季節の変わり目といったところでしょうか…


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    ついに10月から消費税10%が始まりました。
    各種店舗は、正常に10%にならなかったり、
    正しく軽減税率の%にならなかったりと、
    いろいろとトラブルがあったみたいですね。

    消費税と言えば、最初の導入の3%から始まり、
    5%、8%、10%と段階的に上がってきたわけ
    ですが、このままいけば、近い将来20%まで
    増税されるのは確実視されております。
    国の財政健全化という名目で導入され、税率を
    ここまだ挙げられてきた訳ですが、一方で、
    同じようのタイミングで逆に徐々に減税されて
    きたのが、法人税であります。

    一説には、この法人税の減税を穴埋めする為に、
    消費税が導入され、年を追うごとに増税されて
    きたと言われておりますが、真偽のほどは定かで、
    定かではありません。

    サラリーマンは、法人税減税の肩代りに
    消費税を増税され、負担は重くなっているのに、
    減税により収益が上がった会社側からは、
    ろくな昇給もしてもらえず、会社の経営層は、
    会社の経費で高い食事やお酒を飲み、
    やりたい放題・・・
    中小企業などのワンマン経営の会社には、
    特に多い傾向だと思います。
    本来、会社の経費で消費した高い食事代や、
    お酒代などが無ければ、会社がもっと収益を
    上げられている状態で、それが社員の給料に
    還元されるべき物であるはずです。

    会社や経営層は、あれやこれやで経費に付け替え、
    節税して良い思いをしているのに、世の中の
    サラリーマンがその費用を代わりに負担している
    構造になっているのを忘れてはいけません。

    早くサラリーマンから抜け出したいですね…


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    クラウドバンクから分配金が入金されました。
    金額は、¥5,875で、税引き後¥4,693でした。

    クラウドバンクは、今のところ利払い遅延も
    無くて、安定感はあります。
    私自身の運用は年初から、6.2%の収益率で
    推移しており順調ですね。

    さて、クラウドバンクの応募案件の貸付先の
    社名等が公開されるようになっております。
    インターネット等で調べれば、貸付先の
    会社情報を入手出来ますので、案件選定の
    安全性などを自分である程度判断出来る情報
    となり得ますので、
    すごく良いことだと思います。

    過去に痛い目にも逢っていますので、
    投資資金の増額には慎重にいきます。


    がんばれ中小企業戦士!

    応援よろしくお願いします!
    にほんブログ村 投資ブログへ
    にほんブログ村

    このページのトップヘ